若い世代がはまるツーショットダイヤルの実態

かつてテレクラと呼ばれていたものが時代の移り変わりでツーショットダイヤルと呼ばれるようになりました。厳密に言えばスマホのテレフォンクラブがツーショットダイヤルであり、スマホ世代の若者はテレクラをツーショットダイヤルと呼んでいます。それは若者にとってテレクラが出会いツールであるからなんですね。今や古臭くなってきたメールと掲示板が主な出会い系よりも無料通話アプリで通話になれた世代にとっては話して出会えるツーショットダイヤルの方が使いやすいからです。

現に出会い系の利用者数とツーショットダイヤルの利用者数は日に日に狭まってきております。未だ利用者数に差があるように見えるのは携帯時代から今も使い続けている利用者が出会い系に多いからなだけ。スマホを使って出会いたいと思う若者はそのほとんどがツーショットダイアルを選んでいます。

また無料体験サービスも出会い系より遥かに多くて、一時間も無料で遊べる所もいくつもあるので不況や就職難で派遣、フリーターが多い若者にとってツーショットダイヤルを選ぶ大きな理由になっています。スマートフォンで出会いを探す場合はツーショットダイヤルの無料体験を使ってタダで出会うというのが古い発想にとらわれないニュートラルな若い世代の賢いやり方のようです。